子どもの日の集い☆三井

2017/04/27

入園・進級から早3週間
子どもたちも新しい環境に少しずつ慣れつつある今日この頃です。
そして今日は、年少組の子どもたちにとって初めての集いである、
子どもの日の集いを行いました

子どもたちは、園庭で風になびくこいのぼりを見ながら、
「もうちょっとで子どもの日だね」「もうお家に飾っているよ~」と口々に話しています

みんなが集まったところで、鯉が頑張って滝を登るお話をペープサートで見ました
瀧を昇り切った鯉が龍になった言う伝説に準え、
しんどいことや辛いことがあっても、
それを乗り越えて強くたくましい人になってほしいという願いを込めて…
IMG_3220 (コピー)

IMG_3215 (コピー)

IMG_3221 (コピー)

滝を登る鯉に、「頑張れー」と大きな声で応援を送る子どもたちが印象的でした
IMG_3225 (コピー)

子どもの日は端午の節句です
この節句に因んだ兜、菖蒲、柏餅についても話を聞きました。
IMG_3243 (コピー)

そうしていると、幼稚園の上の空を泳いでいるこいのぼりがやってきてくれました。
「おっきい~」とみんなびっくり
IMG_3251 (コピー)

IMG_3259 (コピー)

こうやって見ることでこいのぼりへの関心を、
ひいては子どもの日への関心を高めてくれたらと思います


大きな鯉幟を見た後は、
年長組のお友だちが、自分で作った鯉のぼりを披露してくれました。
「頑張ったところ、大変だったことはなんですか?」という司会の先生の問いに
「折り紙の模様を切ること」「お花紙をねじるところ」などと答えてくれました
IMG_3282 (コピー)

締めくくりに“こいのぼり”を歌いました
どの子も健やかに大きくなりますようにと願って…
IMG_3303 (コピー)

IMG_3306 (コピー)

吹き流しの「白はお金」「赤は火」「紫は水」「黄色は土」「緑は木」の意味があり、
これらが合わさって一つの力となり、子どもたちを守ってくれるのだそうです。
柏餅に使われている柏の木は、新芽が出てから古い葉が落ちるので、
「家系を絶やさない」という縁起ものなのだそう。
昔から伝わっていることの意味を知るのは面白いことですね

今日は、子どもたちが作った鯉のぼりを持ち帰っています。
みんな、期待を持って、楽しんで作りました
IMG_0139 (コピー)

IMG_0021 (コピー)

IMG_2659 (コピー)

IMG_2568 (コピー)

IMG_0049 (コピー)

IMG_0148 (1) (コピー)

IMG_0093 (コピー)

IMG_2575 (コピー)

IMG_2683 (コピー)

IMG_0130 (コピー)



COMMENT


管理者にだけ表示を許可する
 

このページの先頭へ